オフィス

業務に最適なオフィスデスク|デザインやレイアウトで職場環境改善

業務内容に合うレイアウト

オフィス

オフィスレイアウトというのは、業務における作業性に関わります。例えば、デスクの配置などによっても、作業性は変わるでしょう。デスクの配置というのは、従業員同士の距離を決めるものです。距離が遠ければ、その分開放感を出すことができるでしょう。しかし、コミュニケーションが希薄になってしまいます。業務内容によっては、チームで取り組む業務というものもあるでしょう。そういった業務の場合、コミュニケーションが大切になります。コミュニケーションを促進するためには、デスクの距離間隔の近いオフィスレイアウトにする必要があるのです。このように、オフィスレイアウトというのは業務の内容に合ったものでなければならないのです。
従業員同士の距離が近く、開放感のあるオフィスレイアウトというのも存在します。オープンプランと呼ばれるレイアウトで、主にチームデスクを設置するレイアウトのことを指します。オープンプランでは、従業員と従業員の間を仕切るものがないため、よりコミュニケーションを促進することが可能です。しかし、個人で行う業務においてそのレイアウトを選択してしまった場合、従業員満足度及び作業性の低下に繋がります。個人で行う業務に関しては、パーテーションなどで各従業員のデスクを囲い、半個室的なオフィスレイアウトにする必要があります。そうすることで、騒音や雑音、視覚的プライバシーなど、従業員の集中の妨げとなる問題を改善することが可能です。